萬田銀次郎

ミナミの帝王の主人公

悲惨な過去

父親は建設会社「萬田建設」の社長であり、母親との3人家族であった。
父親は阿久津天勝に騙され数100億の負債を抱え自殺(縊死)をする。
母親はそのショックで自分の亭主が自殺した記憶を失う。
その後、記憶が戻った際に「ある理由」により、夫の後を追い手首を切り自殺する。

自暴自棄になった萬田はたまたま出会った「長老」の元で抜け殻のように生活をしていた。
ある日、「阿久津」の新聞記事を見た萬田は復讐を決意する。

「長老」の元で様々な分野のスペシャリストだった人々からいろいろな知識を学び、
数年後に消費者金融業者社長の上杉省吾から金を借りて復讐を果たすのであった。

阿久津への復讐を済ませた萬田は、その過程で愛した女性を傷つけたことを後悔し、
「二度と表舞台に出ない」と決めミナミの街へ消えていくのであった。

※詳しくは銀の神話を参照のこと

人物


  • 最終更新:2017-11-26 23:08:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード